会社概要

 
株式会社 石橋
〒221-0045横浜市神奈川区神奈川1丁目1の36
TEL 045-441-2676(代表)
FAX 045-461-6381
資本金 1000万
設立 大正3年
ホームページ http://www.yokohama-ishibashi.com 
 
横浜中央卸売市場は、一般のお客さまへの小売はしておりません。
月に2回第一第三土曜日の「一般市場開放日」には、
広く一般のお客さまへも販売しております。
詳しくはこちらをご参照ください。
一般市場開放日
 
 
●主要お取引先様
 横浜丸魚株式会社様
 中央魚類株式会社様
 公益財団法人よこはま学校食育財団様
 横浜市立大学病院様
 横浜中央卸売市場本場 石橋より各鮮魚店様
 各種飲食店様
  
 
【沿革】
大正3年 横浜にて「石橋蒲鉾店」を創業
 
昭和6年横浜市中央卸売市場水産部仲買人屋号「石橋」を取得昭和初期には戦時中の企業集合体であった「横浜蒲鉾工業」に企業合同を経て、昭和29年 「有限会社石橋」会社復興
 
昭和34年 横浜市学校給食納入業者指定
 
昭和39年 「株式会社石橋」に改組
 
平成26年 創業100年・復興60年を迎える

平成30年 製造機械増設、製品出荷を開始
 
令和3年 横浜市SDGs認証制度
スタンダード認証取得
【横浜市SDGs認証制度「Y-SDGs】スタンダード認証取得
 
このような事に取り組んでいます。
◆2021年CO2削減効果があるボイラーに設備を交換。
◆一定基準の品質を維持するために生産に於いてHACCPの管理手法を導入し「危害分析重要管理」を行い安全で高品質な商品の製造を行っています。
◆こだわり手間をかけて人が作る製品は大量生産が出来ないため、過剰製造による大量廃棄はありません。
◆揚げ物に使用している米油はすべて廃油リサイクルに回収してもらっています。
◆女性や高齢者、日本在住の外国出身者も活躍。得意分野を活かし働きやすいダイバーシティ経営を目指しています。
◆社労士と顧問契約を結び、労働時間や有給消化の管理等、健康経営に取り組んでいます。
◆従業員は横浜市在住者を雇用しています。
引き続き商品の味・品質管理・労務環境の向上につとめます。
 
 
いしばしのいまとむかし
横浜中央卸売市場本場にて自社製品や全国の水産加工品を取り扱う仲卸を営み、
各種飲食店様・食堂材料など常連のお客様にご愛顧頂いております。
また、横浜市の学校給食材料や病院食材料の納入や各種販売店様向けの仲卸業務を行っております。